2006/06/30

ドイツ始まって以来の大パーティー

ドイツの各都市でのパブリックビューイングでは、10万を超えるサッカーファンがビデオの大スクリーンで観戦。そのパーティーは一晩中続きます! これまでの各地の様子をご覧下さい。ワタシも行きたかった...

munchen.jpg
ミュンヘン

frankfurt.jpg
フランクフルト

hamburg.jpg
ハンブルグ

leipzig.jpg
ライプツィヒ

stuttgart.jpg
シュツットガルト

berlin.jpg
そして最大のパーティーは何と言ってもベルリンです。
(オランダ戦では70万人が観戦)
アルゼンチン戦には何人集まるのでしょうか?
English is here...
posted by Norbert B at 13:31 | Comment(0) | TrackBack(0)
ワールドカップ2006

2006/06/28

ドイツ首相は意外なサッカー好き

彼女はとてもまじめな人柄として知られ、ブッシュ、シラク、プーチンはじめ世界中の指導者に認められている人ですが、スタジアムに入るとがらりと人柄が変わってしまいます。誰のことかって? アンジェラ・メルクル、昨年からドイツの首相を務めている人のことです。我々ドイツ人でさえ、彼女が「二つの顔」を持っていることを知りませんでした。これまでいつもワーカホリックな面ばかり伝えられて、こんなに楽しんでいる彼女の姿を見たことはありません。今回のワールドカップでは、別の面を見せてくれました。首相は、ドイツのサッカーファンの中で沢山友達ができたことでしょう。何たってドイツには大勢のサッカーファンがいるんですから!

am.jpg
スタジアムでのアンジェラ・メルクル首相

English is here...
posted by Norbert B at 15:30 | Comment(1283) | TrackBack(0)
ワールドカップ2006

2006/06/22

クリンスマンの実家のパン屋はバカ売れ!

ドイツ代表監督、ユルゲン・クリンスマンはシュツットガルト近郊にある両親のパン屋で見習いをしていたことがあります。ワールドカップドイツ大会で好調なドイツ代表にあやかって、観戦バスもクリンスマンの実家のパン屋に横付け。人々は、今や有名になった息子についてバカな質問をしていきます。経営している彼の兄弟によれば、安く見積もってもこれまでの倍以上の売上げだそうです!

最近では、ドイツでも個人経営のパン屋がビッグイベントにかこつけて商売する姿はあまり見なくなりました。彼等はうまく名前を使ってクリエイティブにやっています。ご存じのようにFIFAがワールドカップの商権をがっちり押さえている中で、別の名前でとても上手に商売しているんですね。

bakery1.jpg bakery2.jpg

クリンスマンのパン屋さん、ボトナング、シュツットガルト
これはFIFA公認ワールドカップ・パン、どんな意味があるというのか?!

クリンスマンのパン屋さんのサイト
http://www.klinsmann.us/bakery4.htm

English is here...
posted by Norbert B at 14:57 | Comment(0) | TrackBack(0)
ワールドカップ2006

2006/06/09

メルケル内閣は議題を4週間先延ばし

信じられますか? ドイツ政府は、議員達がワールドカップを観戦できるように、通常国会の日程を変更しました。ドイツ人がどれほど「サッカー・クレイジー」なのか、これで分かります。アディダスは12000席収容のスタジアムを国会議事堂(ライヒスターク)の真ん前に建設して、色々なワールドカップ・イベントに使うのですから! Ole ole ole...
さあ、アナタがチケットを持っていなくてもかまいません、ドイツに来る時が来ましたよ! 見ることやることてんこ盛り!

raichstag.jpg

ベルリンの国会議事堂(ライヒスターク)の正面に建てられたアディダス・スタジアム

English is here...
posted by Norbert B at 10:29 | Comment(1) | TrackBack(0)
ワールドカップ2006

2006/06/07

ドイツ・サッカー界の新記録 42200人がトレーニングを観戦!

今や、ドイツほどサッカーで盛り上がっている国はありません。ドュッセルドルフ・スタジアムで行われたナショナルチームのトレーニングに42000人以上の観客を集めたなんて信じられますか? 過去の記録では、昨年の2万人が最高だったのに。ドイツはワールドカップという大イベントを控えて準備万端です。

record1.jpgバラックがドュッセルドルフ・スタジアムでファンに挨拶



record2.jpg

巨大なオリバー・カーンが、アウトバーンでサッカーボールをキャッチ! 今やドイツ中がサッカー一色に...

English is here...
posted by Norbert B at 10:34 | Comment(0) | TrackBack(0)
ワールドカップ2006

2006/05/30

夜のワールドカップも過熱気味 (そして、みんなお金儲けが大好き)

beate.jpg昨日、オリバー・カーンとミヒャエル・バラックについて面白い話を読んだので、お知らせしましょう。

2人とも有名なサッカー選手であり、また大金を稼いだことでもよく知られています。一方「ベアテ・ウーゼ」というこれまた有名な会社があって、アダルト・トーイ(大人のおもちゃ)の製造販売では大手の会社です。この会社はカーンとバラックから何も承諾を得ないまま「オリー・K」「ミヒャエル・B」という名前で「ディルド」を売り出したのです。ワールドカップが近づくにつれ、両方ともホットケーキのように売れています。カーンとバラックにとって、自分たちの名前がディルドみたいな製品に付けられているなんて、全く不愉快な話だと思いませんか? しかも彼等には全然コミッションは入ってこないのです。2人はベアテ・ウーゼ社に対して法的措置を講じることにしました。ウーゼ社のスポークスマンがプレスに話したところによると、カーンとバラックの異議申し立てについて、彼等の名前を使用しなくてもセールスは好調なので全然平気とのことです!

みんなビッグイベントに乗じて大金を稼ごうとしていますが、これまでワタシにはいいアイデアが浮かんできていません...もし何かあれば、ワタシに教えて下さいね。あなた達は4年前にビッグイベントを経験しているし、日本人はお金儲けについて非常にクリエイティブなんですから!!

English is here...
posted by Norbert B at 14:11 | Comment(0) | TrackBack(0)
ワールドカップ2006

2006/05/19

ワールドカップ2006フィーバーは過熱気味 みんなにビジネスチャンス!

さあ、あとわずかに迫ったドイツ・ワールドカップ開幕。このビッグイベントが近づくにつれて、みんな盛り上がってきました。TVのCM、スーパーマーケット、お店屋さん、どれもみなワールドカップにちなんだグッズばかりです。かなり面白いのもありますが、中にはホントに馬鹿なのも。全参加チームのカラー・ソックスを履いて試合に備えるなんて、ちょっと面白いアイデアですね。それから最近見たのでは、ドイツ代表チームのプリントされたベッド・シーツとか。あの「タイタン」オリバー・カーンの枕元で眠るなんて考えられますか? 一体どんな悪夢を見ることか...

では沢山出ている面白グッズの一部を見てみましょう。

goods1.jpg goods2.jpg
このサッカーゴール、ちょっと難しいかも
ドイツ代表チームのベッドシーツ

goods3.jpg goods4.jpg
参加全チームのカラー・ソックス
審判のホイッスル

goods5.jpg goods6.jpg
「缶入りオリジナル・サッカー・グランドの芝」馬鹿みたい!
飲みこんでしまいそうなキャンディー

goods7.jpg goods8.jpg
ドイツ代表チームカラーのグミ、これは美味しいはず
ワタシのお気に入りはこれ、大きなチョコボール!

English is here...
posted by Norbert B at 16:28 | Comment(0) | TrackBack(1)
ワールドカップ2006

2006/05/16

ミュンヘンでは今年最大のパーティー

FCバイエルン・ミュンヘンが20回目になるブンデスリーガのタイトルを獲得しました。土曜の午後、ボルシア・ドルトムントとの最終戦は3-3の引き分けでした。その後、ホームグラウンドのアリアンツ・アリーナで7万人のクレージーな観客を前に、キャプテンのオリバー・カーンが「サラダ・ボウル」(ドイツではこの栄光あるトロフィーをこう呼びます)を受け取ったのです。バイエルンの選手達は、市の中心部、マリエンプラッツで2万人以上のファンとタイトル獲得を祝うために繰り出したのですが、もうその前には、彼等はみんな「ヴァイスビア・シャワー」を浴びていました。

bm21.jpg bm22.jpg

「サラダ・ボウル」とバイエルンのチームの面々
2万人のバイエルン・サポーターが市役所目前で祝福

bm23.jpg bm24.jpg

マガト監督もヴァイスビア・シャワーを浴びる
バラックとダイスラー

bm25.jpg bm26.jpg

サニョールと巨大なヴァイスビアのグラス
カーンとバラックがDFBカップとブンデスリーガの二冠を手中に

English is here...
posted by Norbert B at 09:54 | Comment(0) | TrackBack(0)
ワールドカップ2006

2006/05/14

「ビバ・ババリア!」 FCバイエルン・ミュンヘンが20回目のブンデスリーガ・チャンピオンに!

bm4.jpgその前の週末(4/29)、ベルリン・オリンピック・スタジアム(今年のワールドカップ決勝戦もここで行われる)で行われたDFBカップ、アイントラハト・フランクフルト戦を制したバイエルン・ミュンヘンが、最終戦の1ゲームを残して、20回目のブンデスリーガ・チャンピオンに輝きました。サポーターに絶大な人気を誇るバイエルン・ミュンヘンのチームは、先週末(5/6)、ケルンで長いクレイジーな夜を過ごしたのです。
残念ながら、フェリックス・マガト監督は、すでに、ゲームの後に飲み過ぎて、その晩ドイツ・テレコム(メイン・スポンサー)のセットしたレセプションに出席することができませんでした。パーティーの主役の一人は、やはりオリバー・カーンでした。その様子をご覧下さい。

bm1.jpg bm2.jpg
今回は、カーンが一人で水をかけられていました。
来週末、チームがトロフィーを手にした時、彼にはヴァイスビアのシャワーがかけられることでしょう。

bm3.jpgもう二度と見られないツーショット。
ミヒャエル・バラックはチェルシーへ移籍する模様。


English is here...
posted by Norbert B at 11:55 | Comment(1) | TrackBack(1)
ワールドカップ2006

2006/04/26

中心部からアリアンツ・アリーナへの行き方

arena.jpgアリアンツ・アリーナへの行き方をお教えしましょう。
マリエンプラッツ駅(ケンピンスキー・ホテルから徒歩5分)で地下鉄のU6線にのれば一本で最寄り駅のフロートマニング駅に行けます。

もしワールドカップのチケットを持っていたら、試合当日の全ての公共交通(MVV)の運賃がタダに!
行きたいところがあれば、その日に行くのがオススメです。

English is here...
posted by Norbert B at 11:04 | Comment(2) | TrackBack(0)
ワールドカップ2006

2006/04/19

W杯決勝ボールをベッケンバウアーが披露

決勝で使用する公式球の名は「チームガイスト・ベルリン」

tgb3.jpg彼の強い願いは、ユルゲン・クリンスマン(ドイツ代表監督)が、7月9日の決勝戦で再びブラジルと対戦し、4年前の横浜のリベンジをしてくれることでしょう。「私はクリンスマンと若いチームを信じています」60才になった『皇帝』は、ここ数週間の批判がうずまく中、記者に向かってこう言ったのです。

アディダス、今大会のオフィシャルサプライヤーですが、決勝のためだけに使う「黄金のボール」をつくり、それを「チームガイスト・ベルリン(チームスピリット・ベルリン)」と名付けました。今大会中に使用される全てのサッカーボール(トータルで何と2880球も!)には、「チームガイスト」という名前に続いて試合が行われる都市の名前が付けられますが、このことは今大会が初めての試みです。またボールには対戦したチーム名、試合の日、キックオフの時間が刻まれるのです。これはサッカー界にとって素晴らしいアイデアですが、おろそかにできないメインスポンサーにとっても良いマーケティング・アイデアだと思います。皆サンは、こんなワールドカップのマーケティングについてどう思われますか? 日本ではどう思っているんでしょう? ぜひ教えて下さいね!

tgb1.jpg tgb2.jpg
ベルリンで新しいアディダスのボールがお披露目

English is here...
posted by Norbert B at 09:38 | Comment(2) | TrackBack(1)
ワールドカップ2006

2006/04/11

カーンはナンバー2のポジションを受け入れる

ok5.jpgイェンス・レーマンが、ドイツ代表の正ゴールキーパーに決まってから3日目、カーンは記者会見を開いて、初めて「公式に」控えの座を受け入れることを明らかにしました。

代表監督のユルゲン・クリンスマンは、カーンの凄いフェアな姿勢を評価しました。
1995年から、カーンは、代表チームの屋台骨として国際試合84マッチに出場。リーダーとしてチームを引っ張ってきました。これで、「カーン引退か?」という憶測は終わりましたが、「カーンがいつ復帰するのか?」という新しい憶測がすぐに出始めたのです。厳しいものでは、ドイツ代表がワールドカップの予選リーグを突破できず、ユルゲン・クリンスマンとイェンス・レーマンがクビになって、カーンがパワーアップして戻ってくるというのもあります。

でもそんなことよりも、ドイツ代表チームが前よりよくなることを願おうではありませんか。ホーム開催で予選リーグを勝ち抜いてほしい。そうじゃないと国家的な悲劇ですからね。

English is here...
posted by Norbert B at 10:15 | Comment(0) | TrackBack(0)
ワールドカップ2006

2006/04/10

ハンブルガーSVが高原を祝福!

takahara.jpgブンデスリーガのハンブルガーでプレイする高原サンは2月に、来シーズンのUEFAカップの出場権を決めたニュルンベルグ戦で2回ゴールを決めていましたが、日曜夜のボルシア・メンヘングラッドバッハ戦でゴールを決めました。

これでHSVはFCバイエルンにぐっと近づいたのです。バイエルンとハンブルガーとの差はわずか4ポイントしかありません。高原サンは、今シーズンのブンデスリーガのタイトル奪取へ向けてやる気満々。

あと残り5ゲームあまり、私たちもその結末を見届けようではありませんか。

English is here...
posted by Norbert B at 22:05 | Comment(2) | TrackBack(0)
ワールドカップ2006

オリバー・カーンの失墜

ok3.jpg
土曜のベルダー・ブレーメンとの試合に0-3で敗れた時のオリバー・カーン




ok4.jpg
「オリー、君はナンバー1だよ」
FCバイエルンのサポーターは
カーンを後押し。
しかし(NR.2をかざした)
ブレーメンのサポーターは『タイタン』撃沈で大喜び


English is here...
posted by Norbert B at 21:46 | Comment(0) | TrackBack(0)
ワールドカップ2006

2006/04/09

オリバー・カーン『タイタン』敗れたり!

ok1.jpg先週の金曜の大ニュース!ジャーマン・サッカー魂を原爆のように直撃しました!
わたしたちのナショナルチームには、ワールドクラスのキーパーが2人いますが、お互いとっても仲が悪いんです。

一人は「オリバー・カーン」みなさんも前回の日韓大会でご存じのこと。横浜での決勝戦でブラジルに敗れた時の彼の写真はとても有名ですね。
そして彼にとって手強いライバル「イェンス・レーマン」ドイツ人キーパーは、プレミア・リーグの強豪チーム、ロンドンのアーセナルで今の富を稼ぎました。

2004年8月にユルゲン・クリンスマンがドイツ・ナショナルチームの監督に就任するまでは、カーンはずっと正ゴールキーパーを努め、レーマンはナンバー2に甘んじていました。しかしクリンスマンは,昨年ドイツで行われたフェデレーション・カップ(ワールドカップのプレ大会)以降の全ゲームをローテーション制とすることにしたのです。

ok2.jpgカーンは、ここ数週間のプレッシャーのためか、先週のブンデスリーガのゲームでも何度かミスを犯しました。

今や最大の問題は、どうしたらオリバー・カーンが失ったナンバー1キーパーの座を取り戻すことが出来るだろうか?ということですが、地元ミュンヘンでは、代表を引退するのではという見方もあります。というのは、カーンのような負けず嫌いの強い性格で、控えに甘んじるとは誰も想像できないからです。

English is here...
posted by Norbert B at 21:22 | Comment(0) | TrackBack(0)
ワールドカップ2006

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。